*

15分は短い? – 保存リマインダ表示間隔の設定

2015/08/13 | 一般設定 ,

NVivoをお使いの方なら、このウィンドウを見たことがあると思います。作業中、なんらかのマシントラブルなどで作業内容が失われることを避けるため、定期的に、確実にプロジェクトを保存するための通知機能です

続きを見る

選択した語からノードを作成 – In Vivoコード

「In Vivo(イン・ヴィボ)コード」をご存知でしょうか。普段コーディングする際は、ノードの名前をユーザーが入力しますが、In Vivoコードは選択した単語やフレーズをそのままノードの名前として使う

続きを見る

誰が作業したかを記録する – ユーザープロファイルの設定

NVivoが処理を行ったユーザーを記録していることにお気づきでしょうか?共用コンピューター上のNVivoを使うなど、複数名で作業する際にユーザーを切り替える方法をご紹介します。 ユーザーを変更す

続きを見る

プロジェクトをエクスポート

プロジェクトの一部を共同研究者の方に渡したりするのに便利なのが、プロジェクトのエクスポート機能です。ここではアイテムの一部を切り出してエクスポートする手順をご案内します。 このように一部のアイ

続きを見る

EndNoteからNVivoにデータをエクスポートする

EndNote(Windows版)に蓄積した文献データと添付ファイルは、下記の方法で簡単にNVivoにインポートすることができます。 ※現時点で、NVivo for Macに直接EndNoteの

続きを見る

NCaptureのボタンが見つからない-Internet Explore

2015/06/05 | ソース, その他

インターネットエクスプローラをご利用中のお客さまから、NCapture アイコンが見つからないとご連絡を頂くことが多くなりました。これはアドオンが多くて表示されていない、もしくはツールバー自体が表示さ

続きを見る

Survey Monkeyのデータを取り込む

2015/05/29 | ソース

アンケートを分析しようとした時、Excel形式でエクスポートすると手間がかかりますよね。NVivoはオンライン・アンケートサービスのSurvey Monkeyから直接データを読み込みに対応しており、収

続きを見る

データを印刷する – ノードリファレンス編

PCの画面だけでなく印刷してデータとじっくりと向かい合いたい。そんな時にノードの中身を印刷して眺めてみてはいかがでしょうか。今回はNVivoでノードの中身を印刷する方法をご紹介します。 ノード内容の

続きを見る

NVivoの画面を広く使う3つの方法

NVivo を利用して様々なデータがそろってくると、どうしても作業領域が小さくなりがちです。そんな時に役立つかもしれない詳細画面を大きく表示させる3つの方法をご紹介します。 1. リボンメニュー表示

続きを見る

ワード頻出度クエリで不要な単語を非表示にする(停止語を使う)

ワード頻出度クエリを実行し、表示結果の中に研究に不必要な単語が出てくることがあります。例えばSNSのデータであれば、リンクに含まれる http:// などが該当します。こういったものがデータ探索のノイ

続きを見る

メモを使う

2015/01/13 | ソース , ,

メモ、注釈(Annotations)、リンクなど、時々のアイディアを残す機能がNVivoには付いています。例えば、インタビューデータを読み込んでいる時に浮かんだアイディアを残しておきたい。そんな時には

続きを見る

要約を作成する – フレームワーク行列機能

2014/12/25 | ソース

この図のようにNVivoのプロジェクトで整理したデータを一覧にまとめる機能が、フレームワーク行列(Framework Matrix)です。例えばあるテーマ・概念について、誰が何を語っているかと

続きを見る

テキスト検索クエリの結果をワードツリーで表示する

NVivo ではご自身の研究に必要なドキュメントから、単語を指定してその単語の前後でどのような事が述べられているかを可視化する機能がついており、これをワードツリーと呼んでいます。 この結果を表示

続きを見る

表形式のデータのノード表示をテキスト表示に変更すると、サクサク動くうえに見やすい

2014/12/11 | ノード, 一般設定

ノードに関連付けたデータを表示するとき、多様なデータが一覧で表示されるようになるのですが、それゆえにノードを展開するのに時間がかかったり。表形式のデータが一覧性が低くて見えづらいなと感じることがあるよ

続きを見る

ナビゲーションメニューの日本語⇔英語訳

日本語のインターフェイスでNVivoを使っていると便利ではあるのですが、英語で情報検索したい時やNVivo helpを見る時に、日本語→英語で訳を間違うと正しい情報にたどり着けないことがあります。そこ

続きを見る

PAGE TOP ↑