*

選択した語からノードを作成 – In Vivoコード

公開日: : ノード ,

「In Vivo(イン・ヴィボ)コード」をご存知でしょうか。普段コーディングする際は、ノードの名前をユーザーが入力しますが、In Vivoコードは選択した単語やフレーズをそのままノードの名前として使う方法です。インタビューを受けた人の言葉をそのままノードに反映したり、大量の資料を読みながら目についた単語で手早くノードを作っていきたい時に便利な機能です。

A

通常のコーディングと同様に、まずはコーディングしたい部分を選択します。

B

右クリックしメニューから<In Vivoコード>を選択するか、または、<Ctrl>キーを押しながら<F8>キーを押します。

C

これだけで、ノード名をタイピングすることなく、「夫と一緒に」というノードが作成でされました。

D

もっと長いフレーズを選択しても、選択した部分がそのままノード名になります。

E

同じ言葉を<In Vivoコード>しようとするとどうなるか試してみましょう。「夫と一緒に」がもう一度出てきましたので、同じ手順で<In Vivoコード>を選択します。

G

ダイアログボックスで「はい」を選ぶと、

H

既存の「夫と一緒に」にコードします。リファレンスが2になっていることでコードされたことが確認できます。

I

「いいえ」を選んだ場合は、

J

「夫と一緒に(2)」というノードが作成されました。

ノード名をタイプしない分、コーディングに集中できますし、作業時間が節約できそうですね。<In Vivoコード>で作成したノードも、後で名前を変えたり階層化したりできます。

参考ソース: Make a node from selected text (In Vivo code)

関連記事

トランスクリプトに発言者を追加してケースを作成

インタビューなどをビデオや音声から書き起こして分析しているユーザーが多くいらっしゃるようです。誰が何

記事を読む

ソースリストからケースを作成する

ソースリストからケースを作成する方法をご紹介します。 大勢にインタビューしたデータをNVivo

記事を読む

NVivo 11 Plus で自動コーディング その2 – 感情を特定

NVivo 11 Plus for Windowsで使える自動コーディングをご紹介します。 自

記事を読む

ノード編集の方法まとめ

コーディング作業によって得られたテーマを、「似たものをまとめよう」「上位概念と下位概念に」とテーマを

記事を読む

自動コード機能でケースを作成

インタビューをMS Wordで書き起こした場合、自動コードの機能を使用してケースを作成することができ

記事を読む

分類を取り込む アイキャッチ

分類(属性情報など)を取り込む(NVivo 11)

NVivoの機能の一つに分類というものがあります。これはプロジェクトにあるソースやケースをその名の通

記事を読む

ノードの順番を自由に入れ替える方法

NVivoを使いはじめるとノードの数が増えて、管理が煩雑になってきます。標準設定ではノードの順番はア

記事を読む

NVivo 11 Plus で自動コーディング その3 – ソーススタイルまたは構造を使用

インタビューの "発言者" や "設問内容" といった決まった形式に基づいてデータを整理するのに役立

記事を読む

ノードを並べ替えて表示する

コーディングが進んでいき、ノードの数が増えてくると、見やすいように並べ替えたくなるかもしれません。ノ

記事を読む

ノードを印刷アイキャッチ画像

データを印刷する – ノードリファレンス編

PCの画面だけでなく印刷してデータとじっくりと向かい合いたい。そんな時にノードの中身を印刷して眺めて

記事を読む

コメントを残す

NVivoのアクティベーションができない場合の原因と対処法

NVivoのインストール後、アクティベーションができない場合は以下いず

音声や動画のファイルをプロジェクトにインポートできない場合の対処法

音声や動画のファイルをプロジェクトにインポートできない場合の対処法

MacOS 10.14(Mojave)でNVivo11 for Macが起動できない場合の対処法

MacOS 10.14(Mojave)では新しい「セキュリティとプライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑