*

ワード頻出度クエリで不要な単語を非表示にする(停止語を使う)

ワード頻出度クエリを実行し、表示結果の中に研究に不必要な単語が出てくることがあります。例えばSNSのデータであれば、リンクに含まれる http:// などが該当します。こういったものがデータ探索のノイズになることもあるので、これらの言葉を表示しないように”停止語に追加”という機能をご紹介します。

単語クラウドから停止語を設定する

単語クラウド画面

1.単語クラウドを表示して、不要な言葉の上で右クリック

単語クラウド右クリック画面

2.”停止語リストに追加” をクリック

停止語を確認ウィンドウ

3.停止したい単語が入っている事を確認して、OKをクリック

クエリを再実行する画面

4.結果画面は変わらないので、クエリを再実行する必要があります。ナビゲーションメニューから、クエリ>最近実行したクエリ をクリック

クエリ確認画面

5.直前に実行したクエリが表示されるので、内容を確認して実行をクリック

クエリ再実行画面

6.対象とした単語が結果から非表示になりました

複数単語をまとめて停止語にする場合

サマリタブを表示する画面

サマリータブを選択して、対象単語を選択します(一つ目をクリックして二つ目以降はキーボードのCtrlを押しながら左クリック)。

サマリーで停止語を選択する画面

選択した単語の右クリックして、”停止語リストに追加”をクリック(パターンA)。もしくは、クエリメニューの停止語リストに追加 をクリック(パターンB)します。

停止語リストに入れた単語をリストから外す場合

プロジェクトプロパティを開く画面

ファイル>情報>プロジェクトプロパティ の順にクリックします。

プロジェクトプロパティ画面

プロジェクトプロパティが表示されたら、一般タブにある”停止語”ボタンをクリック

停止語画面

停止語ウィンドウが表示されますので、このテキストから停止語リストから外すものだけを削除します。

完了したら、OKをクリックして、プロジェクトプロパティ画面でもOKをして戻ります。改めてクエリの実行をする事で結果が表示されるはずです。

関連記事

テキスト検索クエリを使う

  調査・研究で必要な資料が集まって、その中から特定の単語を探し出すというの

記事を読む

クエリ設定画面

クエリオプションを使いこなす – 対象範囲を指定する

クエリ設定画面[/caption] テキスト検索クエリやワード頻出度クエリには、検索条件とし

記事を読む

コーディングクエリを使う

ノードをダブルクリックするとそこにコーディングされているテキストなどのリファレンスを見ることができま

記事を読む

ワード頻出度画面

ワード頻出度を表示する

ワード頻出度[/caption] この画像のように、取り込んだデータや特定のノードでコーディ

記事を読む

英語だけの単語クラウドイメージ

頻出語クエリで日本語が表示されない(NVivo 11)

英語だけの単語クラウド[/caption] 頻出語クエリで日本語が出てこず、英語だけの結果が

記事を読む

単語クラウドを最前面に – 頻出語クエリ表示

頻出語クエリを実行すると、「サマリー」「単語クラウド」「ツリーマップ」「クラスター分析」の4つのビュ

記事を読む

テキスト検索クエリの結果をワードツリーで表示する

NVivo ではご自身の研究に必要なドキュメントから、単語を指定してその単語の前後でどのような事が述

記事を読む

英語だけの単語クラウドイメージ

ワード頻出度クエリで日本語が出ない→言語変更で解決(NVivo 10)

英語だけの単語クラウド[/caption] ワード頻出度クエリで日本語が出てこない場合、プロ

記事を読む

保存されたクエリの画面

クエリを保存する方法

何度も使うクエリはクエリウィザードの設定中にクエリを保存しておくのが良いです。例えば一度分析したプロ

記事を読む

行列コーディングのイメージ

行列コーディングクエリ

  行列コーディングはインポートされたデータ、コーディングされたデータを元に

記事を読む

コメントを残す

音声や動画のファイルをプロジェクトにインポートできない場合の対処法

音声や動画のファイルをプロジェクトにインポートできない場合の対処法

MacOS 10.14(Mojave)でNVivo11 for Macが起動できない場合の対処法

MacOS 10.14(Mojave)では新しい「セキュリティとプライ

Windowsが日本語ユーザー名の場合、NCaptureのファイル(.nvcx)がインポートできない不具合の対処方法について

NVivo12でWindowsのアカウント名(ユーザー名)を日本語など

→もっと見る

PAGE TOP ↑