*

コーディング箇所を表示する – コーディングストライプ

NVivoでコーディングの状態を確認するときに利用できる機能として、「コーディングストライプ」「ハイライト」の二つの機能を利用することができます。この記事では前者の「コーディングストライプ」についてご紹介します。

コーディングストライプとは、ソースまたはノードコンテンツのとなりに表示される色付きのバーです。このバーを見ることでコンテンツに対してどのようにコーディングがなされているかを確認することができます。コンテンツがどのようにテーマ、ケース、分類の属性値、セット、検索フォルダに関連づけられているかを表示したり、あるいは誰がそのコーディングを行ったのかを表示することができます。

*この記事ではNVivo 11 Plus for Windows (バージョン 11.4.1)を使用しています。それ以前のNVivoを利用されている場合は操作が異なることがあります。
*NVivo 11 Starter/Pro/Plus でご利用頂けます。

コーディングストライプを表示する

対象のソース(ドキュメント、PDF、スプレッドシート、動画、音声、画像)、もしくはノードサマリーを表示した状態から開始します。

例としてMicrosoft Word ドキュメントを表示しています。

リボンから「表示」>「コーディングストライプ」>「直近コーデイングノード」と進みます

*コーディングストライプのボタンがグレーになって選択できない場合は、ソース上でクリックすることで利用できるようになります。

コーディングストライプが表示されました。

コーディングストライプの利用方法

コーディングストライプを表示するとコーディング密度と、どのノードでコーディングされているかが表示されます。コーディング密度は同じ個所にどれだけのコーディングがなされているかを表し、色の濃い部分のデータには多くのノードに関連づけられています。コーディング状況を確認しながらデータを検証するために様々な利用方法が備わっています。

ノード名を確認

マウスカーソルをコーディングストライプの上に合わせると、どのノードでコーディングされているかが表示されます。

該当データを見る

クリックするとコーディング個所をハイライトで表示します。

ノードのデータに立ち返る

ストライプをダブルクリックすると、

該当ノードのサマリーが表示されます

一部ストライプを非表示、コーディング解除、下位概念の表示

ストライプの上で右クリックすることで様々なメニューが利用可能になります

コーディングストライプの表示オプション

コーディングストライプを表示する際にいくつかのオプションが用意されています。「直近コーディングノード」以外の表示方法で、一例として「選択したアイテム」でのコーディングストライプを確認してみます。次に示す手順では一つのソースに対して、誰が何にコーディングしたのかを表示しています。これにより複数のコーディング担当者がどの程度一致したコードを作成しているのかを確認することができます。

*一つのプロジェクトファイルで複数の方(NVivo上のイニシャルの異なるユーザー)がコーディングした場合にご利用頂けます。

「コーディングストライプ」>「選択したアイテム」と進みます

「ユーザー」をクリックし、比較したいユーザーにチェックを入れ、OKとします

コーディングストライプで、ユーザー間のコーディングの違いが表示されました。

選択したアイテムでは、例えばケース毎で表示したり、その属性値(居住地や年齢ほか)で表示することも可能です。ご研究に合わせていろいろな使い方を試してみてください。

 

詳しくは、NVivo help : Use coding stripes to explore coding をご覧ください。

関連記事

no image

ワークスペースの画面レイアウトを変更する方法(上下⇔左右)

画面レイアウトのイメージ[/caption] ソースをプレビューする時に、ソース自体が縦長だ

記事を読む

選択した語からノードを作成 – In Vivoコード

「In Vivo(イン・ヴィボ)コード」をご存知でしょうか。普段コーディングする際は、ノードの名前を

記事を読む

画像をインポート

写真などの画像データをインポートする手順をご紹介します。 [データ]タブから[画像]を選択しま

記事を読む

手分けして書き起こし

動画や音声からテキストに書き起こすのは、時間と労力のかかる作業です。長いビデオを手分けして書き起こす

記事を読む

ノードを印刷アイキャッチ画像

データを印刷する – ノードリファレンス編

PCの画面だけでなく印刷してデータとじっくりと向かい合いたい。そんな時にノードの中身を印刷して眺めて

記事を読む

トランスクリプト(書き起こし)→テキスト変換で一覧性を高める

トランスクリプト(書き起こし)をはじめとする表形式のデータなど、もっとたくさん情報が表示できたらと思

記事を読む

NVivo 11 Plus で自動コーディング その2 – 感情を特定

NVivo 11 Plus for Windowsで使える自動コーディングをご紹介します。 自

記事を読む

分類を取り込む アイキャッチ

分類(属性情報など)を取り込む(NVivo 11)

NVivoの機能の一つに分類というものがあります。これはプロジェクトにあるソースやケースをその名の通

記事を読む

便利になったアンケートデータのインポート

本記事の内容は、NVivo 11 Pro / Plus, バージョン11.2以上でご利用頂けます

記事を読む

マニュアルコーディング 4つの方法

NVivoには、ご研究の目的やプロセスに併せて利用できるよう4つのコーディング手順が用意されています

記事を読む

コメントを残す

PAGE TOP ↑