*

テキスト検索クエリで一括コーディング

NVivoでは単語を基準にして一括コーディングする機能があります。対象となるデータから漏れなく情報を拾い出したい、データが多すぎてコーディングの手間がかかりすぎるなどといった場合には、ひとまずテキスト検索クエリを利用して一括コーディングしてしまうのも一つの手です。

1. テキスト検索クエリを実行します。

テキスト検索クエリ画面

テキスト検索クエリ

画面上部にある”テキスト検索”をクリックします。

2.テキスト検索基準を設定します。

テキスト検索基準画面

テキスト検索基準

テキスト検索クエリが開きますので、設定を施します。
a: 検索対象では、対象とする単語を入力します。今回は”NVIvo”という言葉にしました。
b: 一致を検索 では、テキスト検索の正確性を調整します。今回は左から2番目に設定しました。
c: 上位パス では、検索対象とするソースや、ノードなどを選択できます。
今回は変更しませんが、ソースを限定したい場合などはここを変更してみましょう。

3. クエリオプションを設定します。

クエリオプション設定画面

クエリオプション設定

次に”クエリオプション“というタブを選択して設定をします。
d: オプションでは、検索結果に対してどう処理するかを選択できます。
今回は” 結果を新規ノードとして作成“を選択します。
e: 場所 では結果を保存する場所を選択します。”ノード“を選択しましょう。
f: 名前には、ノードに追加する名前を入力します。
g: 拡張コーディング では、検索結果のテキストに対してどの範囲までコーディングするかを選択します。
今回は”狭帯コンテクスト“を選択します。

ここまでの設定が完了したら、実行をクリックします。

4.実行結果が表示されます。

結果表示画面

結果表示

ノードパネルでは”NVivo”というノードが作成され、右側の画面にはNVivoを含む文脈がコーディングされていることがわかります。

テキスト検索基準や、クエリオプションの設定で結果が変わってきますので、色々と試してみてくだささい。

参照:Run a Text Search query (NVIvo 10 for Windows help)

関連記事

テキスト検索クエリの結果をワードツリーで表示する

NVivo ではご自身の研究に必要なドキュメントから、単語を指定してその単語の前後でどのような事が述

記事を読む

NVivo 11 Plus で自動コーディング その4 – 既存のコーディングパターンを使用

NVivo 11 Plus for Windowsで使える自動コーディングをご紹介します。 自

記事を読む

コーディングと同時に新規ノードを作成する

NVivoに取り込んだ資料を見返していると、当初は想定していなかった新しいコードをが思いうかぶ事があ

記事を読む

クエリ設定画面

クエリオプションを使いこなす – 対象範囲を指定する

クエリ設定画面[/caption] テキスト検索クエリやワード頻出度クエリには、検索条件とし

記事を読む

NVivo 11 Plus で自動コーディング その1 – テーマを特定

NVivo 11 Plus for Windowsで使える自動コーディングをご紹介します。 自

記事を読む

コーディングクエリを使う

ノードをダブルクリックするとそこにコーディングされているテキストなどのリファレンスを見ることができま

記事を読む

便利になったアンケートデータのインポート

本記事の内容は、NVivo 11 Pro / Plus, バージョン11.2以上でご利用頂けます

記事を読む

頻出語を特定する(NVivo 11)

頻出語[/caption] 集めてきたデータを俯瞰してみてみたいとき、NVivoでは頻出語と

記事を読む

アイキャッチNode画面

複数ノードから親ノードを作成する

プロジェクトが進んでくるとノードを整理するタイミングが出てきますよね。例えばノードに親子関係

記事を読む

ノードの順番を自由に入れ替える方法

NVivoを使いはじめるとノードの数が増えて、管理が煩雑になってきます。標準設定ではノードの順番はア

記事を読む

コメントを残す

NVivoのアクティベーションができない場合の原因と対処法

NVivoのインストール後、アクティベーションができない場合は以下いず

音声や動画のファイルをプロジェクトにインポートできない場合の対処法

音声や動画のファイルをプロジェクトにインポートできない場合の対処法

MacOS 10.14(Mojave)でNVivo11 for Macが起動できない場合の対処法

MacOS 10.14(Mojave)では新しい「セキュリティとプライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑