*

自動コード機能でケースを作成

公開日: : ノード ,

インタビューをMS Wordで書き起こした場合、自動コードの機能を使用してケースを作成することができます。まず、書き起こしの際の注意点からみていきます。

Word上で発言者名にスタイルを設定しておきます。ここでは発言者はすべて「見出し(Heading)2」に設定しておきます。
style 03

発言者が見出しに設定されいているWordファイルが複数、NVivoに読み込まれています。これらのファイルを選択し、[分析]タブ[自動コード]をクリックします。(もしくは右クリックから[自動コード])
case01

[段落様式]を選択、heading 2 (見出し2)を指定して[次へ]
case-02b

ノードの場所を指定します。ここでは、[ケース]下の新規フォルダ「発言者」を作成するよう指定して[終了]します。
case03

指定した場所に発言者のケースが作成されました。
case04

ケース「チャールズ」をダブルクリックで開いてみると、「チャールズ」の発言がケースに紐づいていることが確認できます。case11

「ヘンリー」はインタビュアーとして複数のソースに登場しているので、ソースが「4」となっています。同じ発言者が複数のファイルにまたがって登場する場合は、この方法でケースを作るのが便利そうですね。
caseb

1人1ソースとなっているような場合は、「ソースリストからケースを作成する」をご覧ください。

*この記事は、NVivo 11 Pro for Windowsを用いて作成しました。自動コード機能は、NVivo 11 for WidnowsのProまたは、Plusエディションで提供されています(2017.11現在)。

関連記事

ソースリストからケースを作成する

ソースリストからケースを作成する方法をご紹介します。 大勢にインタビューしたデータをNVivo

記事を読む

ノードの順番を自由に入れ替える方法

NVivoを使いはじめるとノードの数が増えて、管理が煩雑になってきます。標準設定ではノードの順番はア

記事を読む

自分のコーディングだけ確認したい – ノードユーザーの表示

複数人でコーディングを進めている際、自分がコーディングしたものだけを確認したくなるかもしれません。も

記事を読む

ノードを並べ替えて表示する

コーディングが進んでいき、ノードの数が増えてくると、見やすいように並べ替えたくなるかもしれません。ノ

記事を読む

コーディングと同時に新規ノードを作成する

NVivoに取り込んだ資料を見返していると、当初は想定していなかった新しいコードをが思いうかぶ事があ

記事を読む

選択した語からノードを作成 – In Vivoコード

「In Vivo(イン・ヴィボ)コード」をご存知でしょうか。普段コーディングする際は、ノードの名前を

記事を読む

分類を取り込む アイキャッチ

分類(属性情報など)を取り込む(NVivo 11)

NVivoの機能の一つに分類というものがあります。これはプロジェクトにあるソースやケースをその名の通

記事を読む

便利になったアンケートデータのインポート

本記事の内容は、NVivo 11 Pro / Plus, バージョン11.2以上でご利用頂けます

記事を読む

コーディング箇所を表示する – コーディングストライプ

NVivoでコーディングの状態を確認するときに利用できる機能として、「コーディングストライプ」「ハイ

記事を読む

マニュアルコーディング 4つの方法

NVivoには、ご研究の目的やプロセスに併せて利用できるよう4つのコーディング手順が用意されています

記事を読む

コメントを残す

NVivoのアクティベーションができない場合の原因と対処法

NVivoのインストール後、アクティベーションができない場合は以下いず

音声や動画のファイルをプロジェクトにインポートできない場合の対処法

音声や動画のファイルをプロジェクトにインポートできない場合の対処法

MacOS 10.14(Mojave)でNVivo11 for Macが起動できない場合の対処法

MacOS 10.14(Mojave)では新しい「セキュリティとプライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑