*

レポート機能を使う

公開日: : 最終更新日:2014/04/04 レポート

レポートとは、NVivoのプロジェクトの状況をまとめてくれる機能になります。例えば、特定のノードにどのような種類のソースがコーディングされているか?その参照数はいくつか?などを簡単にまとめることができます。
NVivoのプロジェクトでは基本的なレポートが予め組み込まれているので、ひとまず実行してみましょう。

1.レポートの選択

レポート一覧の画面

レポート一覧

NVivoでプロジェクトを開いた状態で、”レポート“をクリックし、ひとまず目的のレポート(今回はNode Summary Report or ノードサマリーレポート)をダブルクリックします。

2.フィルタオプションの設定

フィルター条件選択の画面

フィルター条件選択

ノードを限定するなど様々な条件を絞ってレポートを出力する時に利用します。今回は何も選択せずに”OK“とします。

3.レポートの表示

結果の表示画面

結果の表示

ノード毎のコーディング状況が表示されました。

既定のレポートだけでも様々な形式が用意されていますし、カスタマイズも可能ですので他のレポートもお試しになってみてください。

参照リンク : About reports and extracts

 

関連記事

記事はありませんでした

コメントを残す

音声や動画のファイルをプロジェクトにインポートできない場合の対処法

音声や動画のファイルをプロジェクトにインポートできない場合の対処法

MacOS 10.14(Mojave)でNVivo11 for Macが起動できない場合の対処法

MacOS 10.14(Mojave)では新しい「セキュリティとプライ

Windowsが日本語ユーザー名の場合、NCaptureのファイル(.nvcx)がインポートできない不具合の対処方法について

NVivo12でWindowsのアカウント名(ユーザー名)を日本語など

→もっと見る

PAGE TOP ↑